スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多頭飼いの悩み~同居犬を噛む~

Category : アニー病気
昨夜の出来事でした。


20140606a



フィユに噛まれてアニーの下瞼、眼の際が傷ついて出血しました。

アニーは鳴きもしなかったので、この傷にはびっくりしました。

眼には異常がないように見えたので、明日を待って受診することにしたのです。



今朝いちばんで受診しました。

角膜が傷ついていないか心配だったので検査していただきました。

フローレス検査というものです。

まず点眼の麻酔薬を注入します。

フローレス試験紙(リトマス試験紙のような形状の、蛍光色素(フルオレセイン)がついている)で

黄緑色に染色します。

それから洗浄して、ブラックライト(?)で照らして傷の有無を確認します。

フローレスは角膜上皮を染めることはできず、上皮が剥がれたところ→傷だけが染まるのだそうです。

アニーの角膜には傷はありませんでした。




帰宅して…。

まだ黄緑色が残っています。


20140606b





よかった。ほっとしました。

しかし、噛み傷は後で化膿することがあるので、7日間抗生物質を服用することになりました。

傷にはエコリシン眼軟膏。

これで様子見です。




フィユがアニーに吠え掛かり噛むことについて、どう対処していいのか悩んでいます。

理由がはっきりしている時もあり、不明な時もあるのです。

アニーが飼い主の言うことを聞かないのを怒って…

やきもちを妬いて…

いろいろな状況を上手く説明できませんが、いずれにしても向かう矛先はアニー。

アニーはビビリなのか、平和主義なのか、絶対にフィユを怒りません。

どんなに吠え掛かられても、噛まれても、フィユに敵意を見せないのです。

本当はアニーの方が強い。

フィユにそういう姿を見せて、分からせるべきだと思うのですが…。



フィユには、「噛むことはいけない」を教えたいのです。

ただその場で叱るだけでは意味がないような時もあります。

とても難しい。


多頭飼いをしているみなさん、同じような経験がありましたら教えてください。

避けたかった怪我でした。



====================

今日も会いにきてくださってありがとうございます。

最後まで読んでいただけて嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

====================



スポンサーサイト

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

吐くような動作について ご心配おかけしました

Category : アニー病気
昨夜は吐くような咳のしぐさのことで不安なあまり記事にしてしまいましたが、

やはり朝一番で病院で診ていただきました。

レントゲンを撮ってもらいましたが、心臓や肺、気管支などについて異常なし、
心音にも異常なし。

運動をした後や食後に吐くような様子が見られないことからも心配はないでしょう
とのことでした。


実は昨夜、「犬の咳」で少し調べてみると、「頻繁に出る犬の咳は心臓病のサイン」、

「気管虚脱」などの情報が目に留まり、素人の自己判断はいけないと思いつつも

当てはまるような項目もあって、思い込みを深くして心配してしまっていたのです

コメントなどもいただき、みなさんにもご心配をおかけしてすみませんでした。

ありがとうございました。



病院でレントゲンを見ながら解説していただきほっとしたものの、

やはり苦しそうに「オエーッ」という咳を何度もしていたことが気になりました。



先生がおっしゃるには、部屋の中で誰かがタバコを吸っていて空気が悪かったり、

冬は特に暖房による部屋の乾燥などが咳の原因になっていることも考えられるとのこと。

我が家では誰もタバコは吸いませんが、

昨日はこの冬初めてストーブとホットカーペットをつけたのです。

それに最近アニーに触ると時々静電気がバチバチッとしていたことを思い出し・・・

部屋の乾燥が続いていたのかもしれません。

気管支拡張剤を処方していただいたところ、昨日が嘘のように咳が出なくなりました

心配はなさそうでホッとしましたが、咳は苦しいし体力を消耗するので

これからはもっとちゃんと加湿や部屋の換気をしっかりしていかなければいけないなと

反省しています。



20121104



====================
ランキングに参加しています。

みなさんの応援クリックが更新の励みになります。

写真をポチッとお願い
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
 にほんブログ村
(会いにきてくれてありがとう)
====================

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

アニーのわんわんドック(No.1)

Category : アニー病気
いよいよアニー初めてのわんわんドックの日です。

20120829a


朝ごはん抜きでぶーたれ顔。

いざ、お出掛けとなると尻尾ぶりぶりで大喜び。

病院の入り口でも尻尾ぶりぶり。

20120829i



ロビーで待っているとなんだか…

20120829k


結果がわかるのは夕方。

アニーがいないとたちまち寂しい我が家。

いちばん落ち込んでいたのはフィユだけど、気の毒で写真が撮れませんでした


結果

20120829h


血液検査、エコー、異常なし。

レントゲン

胸部異常なし。

20120829e


腹部
便秘(軽度)・・・・・・・夕方の排便前のレントゲンだったから?帰宅後排便。

20120829m



心配していた股関節は異常なし。

20120829l



変形性脊椎異常
  加齢により骨の形に少々変形(ギザギザに)が見られるが治療の範囲ではない。

20120829f


その他

肉球の間が赤い → 足裏バリカン処置

両耳汚れ(少し)

 (この2点については飼い主のケアが足りていなかったと反省。)


以上。


ほっとしました。

今後、サプリメントを取り入れていこうと思っています。

便については、ずっと硬い便だったのでそれでいいと思っていたのですが検討しようと思います。

アニーはもちろん、頼りのアニーがいなくて不安だったフィユもお疲れさま。

やっと柔らかい表情になったね

20120829n



====================
ランキングに参加しています。

応援クリックよろしくお願いします。

    写真をポチッとお願い
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
    (会いにきてくれてありがとう)

====================



テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

暮らしの中にある富士山

Category : アニー病気
18時半頃撮影した富士山です。(望遠レンズ使用)

20120818a


電線や家が映ってしまっていて残念です。


写真右端の中ほど、テレビアンテナの右上に小さな光が見えますか?


登山道に灯る灯りです。


もう少し暗くなると、この灯りが登山道沿いにいくつか灯ってきれいなんですよ。


私の街では富士山は暮らしの中にすっかり定着しています。


無意識のうちに何度も富士山に目が行くのも、たぶん私だけではないでしょう。


見守られている。そう実感しながら今日も富士山を仰ぎ見るのです。


ところで、今日アニーは病院へ行ってきました。


数日前から後ろ左足が何となくいつもと違うのです。

20120818c


とは言うものの、散歩も行きますし走ってもいます。


足を触っても痛がりません。


だけど…


お座りをする時、いつものようにすぐに座らなかったり(おやつをもらう時でさえです)


後ろ左足にそっと体を乗せるように座ったり。


毎回ではありませんが、やっぱりいつもと違う気がするのです。


ちょうど病院を変えようと思っていたところでした。


初めての病院なので、さすがのアニーも少々緊張していました


触診では特に異常は見つからず、7才という年齢もあり総合的に検査をすることにしました。


人間ドックならぬ、わんわんドックです


29日の予約なので少し間がありますが、それまでは様子を見ることにします。


股関節が弱っているのかもしれません。


どういう結果でも、少しでも長く自分の足で歩いていけるようケアをしていくつもりです。


老いは確実に進んでいるということですね。


それでもずっとこうして楽しく散歩させてあげたいと願う母なのです。

20120818b


====================
ランキングに参加しています。

応援クリックよろしくお願いします。

   写真をポチッと
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
(会いにきてくれてありがとう)

====================

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

発症

Category : アニー病気
角膜(上皮)ジストロフィー

アニーの右目に白っぽくなっている部分があり診ていただきました。
角膜ジストロフィー。
初めて聞いた病名です。
アニーは角膜の上皮に白濁が見られます。

091016a

脂質などが角膜に沈着して白濁するというもの。
私が持っている本には載っていませんが、ネットで調べたらよくある病気と書かれていました。

突然発症し、痛み・痒み・目やに・涙などの症状はありません。
不快感を感じることもないようです。
確かにアニーは通常と何ら変わった様子は見られません。
失明にまで進行することはないようですが、白濁沈着した角膜に潰瘍ができることがあるそうで
そのサインを見逃さないようにしっかり観察していく必要があるようです。
軟膏や目薬の治療は効果がみられないとのことで薬は出ませんでした。

もうすぐ5才になるし、心配は尽きないので血液検査をしていただきました。
結果は心配なし!!

動物病院の先生は眼科の勉強会に参加されているそうで、その先生の意見を伺うためにと
アニーの目の写真を撮ってくださいました。

デジカメや顕微鏡(角膜に傷があるか見るため)を異常に接近されたり
血を採られたり、怖かったと思いますがとってもおりこうなアニーでした。

毎日のチェックを怠らずにやっていこうと思います。

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Annie(アニー)
annie

Feuille(フィユ)
feuille

Guu(グー)
goo
最近の記事
飼い主
パパ&ママ&お姉ちゃん二人
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。